赤ちゃんが熱を出した時に慌てないようにするための対処法

赤ちゃんが急に熱を出した時に慌てず対処する方法


昼間は元気にしていたのに、夕方元気がなさそうにしていると思ったら熱があってビックリ。なんてことは赤ちゃんにはよくあります。小さくて未熟な赤ちゃんが熱を出したとなると、お母さんは不安に思うことでしょう。赤ちゃんが熱を出した時に慌てずに対応できるよう、今からしっかり対処法を把握しておくようにしましょう。

まずは安静に!様子をみて

赤ちゃんが熱を出してしまったら、まずは安静にさせましょう。そして熱が出ているだけで咳や鼻水などの症状がない場合は、そのまま様子をみるようにしましょう。
もし寒がっているようであれば、部屋を温めてあげて毛布をかけてあげてください。反対に、熱が上がって顔が赤くなり、汗をかきはじめた場合には、毛布の量を減らし赤ちゃんの手足は外に出して熱を体の外に逃がしてあげるようにしましょう。
また下着などはこまめに変えてあげ、蒸しタオルなどで体を拭いてあげると少し快適になります。汗がではじめたら水分不足にならないよう、赤ちゃん用イオン飲料や麦茶、湯冷ましなどを少量に分けて水分補給をさせてあげましょう。

熱冷ましシートは不必要!冷やすタイミングと場所について

冷やすタイミングは、汗が出てからでも遅くありません。逆に汗が出る前に体を冷やしても、熱が上がる勢いが強すぎて熱を下げるための効果があまり期待できません。そのため、熱を下げるのは赤ちゃんが汗をかきはじめてからにしましょう。熱冷ましシートは、おでこにつけるイメージがありますよね。しかしこれを赤ちゃんにやると嫌がりますし、おでこに貼っても熱を下げる効果はあまり高くありません。熱冷ましシートを使用するよりも、濡らしたタオルで首の付根やリンパの部分、ワキの下を冷やす方が熱を下げるためには効果的です。
また赤ちゃんは体温調節が未熟なため、冷やし過ぎることは返ってよくありません。体を冷やしすぎていないか、こまめに確認するようにしましょう。

発熱していても元気なら遊ばせて大丈夫!?

多少熱が出ていても元気であれば、無理に寝かせる必要はありません。よって、家の中であれば、無理のない程度は遊んでも問題はありません。しかし外出は控えましょう。外に出るだけでも赤ちゃんの体力はかなり消耗しますし、気分が上がることで熱がより上がってしまうということもあります。外で遊ぶことは控え、家の中で無理せずに遊ばせるようにしましょう。

病院へ連れて行くタイミングを見極める3つのポイント

赤ちゃんを病院に連れていくか見極めるには、3つのポイントがあります。

  1. 熱の高さと上がり下がり具合
  2. 他の症状があるかないか
  3. 水分補給はできているか、おしっこはしているか

発熱の境目は37.5度以上ですが、いきなり39度の熱が出てしまったり、熱が上がったり下がったりしている状態が2日ほど続いたら、病院で受診するようにしましょう。また38度ほど熱が出ている場合でも元気であれば、急いで病院に連れていく必要はありません。母乳やミルクを飲んでくれない、ぐったりしてまったく元気がない、数時間おしっこをしていないといった症状がある場合は、早めに病院へ連れて行くようにしましょう。
熱が出ていない場合でも吐いている、震えている、意識がもうろうとしている場合も直ぐに病院に連れて行きましょう。

おわりに

大事な赤ちゃんが熱を出してしまったら、お母さんはものすごく心配になりますよね。しかしお母さんが過度に心配したり不安に思ったりすることで、その気持が赤ちゃんに伝わり、余計に容体を悪化させてしまうこともあります。赤ちゃんの熱が少しでも早く下がるよう、お母さんが慌てずに対応してあげましょう。
熱が出ていても、元気であれば急いで病院に連れて行く必要はありません。
こまめに水分補給をしながら様子を見るようにしましょう。そして熱以外の症状が出た場合には、すぐに病院へ連れて行くようにしてください。

The following two tabs change content below.
赤ちゃん講座ハイパー

赤ちゃん講座ハイパー

知っているつもりでもいざとなった時あたふたしてしまうのが人間というもの。赤ちゃんが泣いている理由がわからない・・・そんなことが日々のストレスとなることもしばしばです。そうした赤ちゃんに関する悩みを解決できるノウハウをご紹介致します。